レベル2 ★★★

初版の「賢明なる投資家」が書かれたのは何と今から60年以上前の1949年です。しかし、書かれている内容は全く色褪せることがありません。本書が出版された当時は、大恐慌により株式市場が傷ついたままで、株式=ギャンブルと見なされていました。それを、知的な人間がその思考力を駆使してリターンを得る場まで、昇華させるきっかけとなったのが本書でした。

値動きに惑わされず、株式を企業の所有権の一部として本質的価値を見極め、価格がその価値を下回る時にのみ購入するというバリュー投資のスタイルは、この本により初めて世に生み出されました。周囲が熱狂している時も、絶望している時も常に冷静に本質的な価値を見極め、株価が正当なレベルまで戻した時に売るという姿勢は、マーケットで長期的に成功する上で不可欠な姿勢です。

グレアムの一番弟子のバフェットによる巻末の補遺も秀逸です。経済学者のお偉いさんで効率的な市場なる幻想を信じている人たちは、マーケット平均を長期的に上回ることは不可能だと言っています。しかし、グレアムの弟子たちの中から4人も、10年以上の長期に渡って年率でS&Pのリターンを7%以上上回る実績を残しているという強烈な反証が示されています。