レベル4 ★★★★

自分で立ち上げた会社を16億ドル(約2,000億円)以上で売却し、現在は世界有数の大手ベンチャーキャピタル(VC)を率いる人物が著者と書くと、よくある成功譚と思う人もいるでしょう。しかし、本書は上記の成功に関する記述は全くなく、起業後から売却にこぎつけるまでの苦労に焦点があたっています。

起業して、VCから初めての出資を受けた直後のミーティングで、CEOであった著者への最初の質問が「いつ本物のCEOを雇うのか」であったこと、会社が順調に成長し始めた直後にITバブル崩壊が起き大半の社員をリストラせざるを得なくなったこと、技術革新により売上のほとんどを占める事業から撤退し新規事業への転換を求められたこと、新規事業へのシフトが終わるや否や売上の8割を占める最大顧客が購入を停止したいと言ってきたこと、企業売却の土壇場になってこれまで長く付き合ってきた監査法人から財務資料を修正すべきという横やりが入り破断になりそうになったこと等、著者がこれまで経験してきたHard Thingsがこれでもかと詰め込まれています。

著者とは比較にならないサイズですが、事業を営む者としてはその苦境の厳しさが分かるだけに、読んでいて動悸を覚えるほどでした。著者が本書を記した理由は天才や超人ではない自分がこのような苦境の中で、それでも何とか事態を打破させ成長できたことが、多くの起業家に参考になるのではと考えたようですが、確かにその効果は十分にあるでしょう。

ただ、本書を一番読むべきはこれから起業を考えている若者たちです。日本でも若者が起業することが一般的になってきており、世間では起業家というと華麗な成功者のイメージを持つ人も増えてきています。しかし、本書にある通りゼロから事業を起こし世の中に問うていくことは、予想外の問題が噴出し何とか対処する頃にまた次の問題が浮上することの連続です。

私自身、この本を創業から3年目までに読んでいれば、あまりの苦しさに途中で読破をあきらめていたと思います。起業から5年が経ち、少し先のビジョンが見え始めてきた今だからこそ、本書の内容をある程度客観的に受け止め読み進めることができました。

起業家は本書の結びにあるように上記のようなHard Thingsの連続を乗り越え、できれば楽しめるくらいでないと成功できません。一人でも多くの若者が本書を読み、それでも起業することを願っています。