レベル3 ★★★★

以前にこのブログで紹介したマイケル・ルイスの「フラッシュ・ボーイズ」でその存在が広く世の中に知られるようになった超高速取引ですが、本書ではその実像にさらに深く切り込んでいます。著者はウォール・ストリート・ジャーナルで長く金融市場を担当していた人物で、前著にはこちらもこのブログで非常に高く評価した「クオンツ」があり、超高速取引の実態についてその黎明期からどのように発展してきたのかが詳細に解説されています。

「フラッシュ・ボーイズ」が超高速取引業者を顔の見えない悪者として、その悪者に対抗するブラッド・カツヤマを主人公に超高速取引業者を排除した新しい取引市場の設計という物語調の展開であったのに対して、本書はそもそも株式市場の電子取引を可能にしたプログラマーや、電子取引を高速化することで利益を得ようとしたヘッジファンドなど超高速取引業者という、超高速取引の担い手に焦点が当たっています。

金融関係者にとっては本書の方が「フラッシュ・ボーイズ」より読みごたえがあり、超高速取引の実像により迫ることができるでしょう。これまでほとんど取り上げられることのなかった、電子取引のプログラミングの天才ジョシュア・レヴィンが、現在の世界中の過半の取引所のシステムの基本設計を作り上げたというエピソードはとても印象的です。

「クオンツ」でも取り上げられた超高速取引で知られるルネッサンス・テクノロジーズやシタデルなどヘッジファンドに関する記述は著者の得意とするところだけあって詳細かつ迫力がありますし、これらファンドと比較してその実像がほとんど知られることのなかったゲッコーやバーチュといった超高速取引業者がどのように拡大してきたのかを知っておくことは、現在の金融市場の性質を理解する上で大変役立つでしょう。

本書の最後では機械学習など人工知能の技術も金融取引に動員されていることが紹介され、取引の超高速化、機械化がさらに進められていくだろうことが示されています。フラッシュクラッシュなどの急落や一般投資家との公平性などデメリットも目立ってきている超高速取引ですが、本書を通じてその理解が進み、より健全な形での発展につながるルール作りが行われることを期待しています。