マネー大激震

レベル3 ★★★

大震災後に雑誌などで多く特集が組まれた、国債暴落や円高にフォーカスをした資産運用の本だと思って購入しましたが、いい意味で騙された本です。投資の初心者のみならず、投資の上級者の方でも満足できる内容となっています

著者は、興銀からスタンフォード大学にMBA留学し、数々の投資銀行でマネージングダイレクターを務めたという素晴らしい経歴の持ち主です。スタンフォード大学に留学時には、ノーベル経済学賞受賞のウィリアム・シャープ教授から学んだとありますが、シャープ教授の専門分野である、現代ポートフォリオ理論やCAPM、ベータなどのアカデミックな話はほとんど出てきません。出てくる数字や分析は、証券会社で実際に行っているような具体的かつインパクトがあるものが多いです。

サブタイトルである「逆境下の資産運用術」というのが、震災後のマネー術という意味合いよりも、構造的問題を抱える、逆境下の日本における正しい資産運用術というもっと普遍的な意味があるように感じました。日本人がやってしまいがちな投資における問題行動から、ポールソン、バフェット、ソロスなど、著名ヘッジファンマネージャーの金相場の見立てまで、幅広いテーマを扱っています。ETFなどの商品を使って、個人でも投資のプロと同じ投資方法が出来る時代になった今、自分の頭で考え、自分の資産を守るため幅広い情報収集が必要です。

私たちがセミナーでおすすめしているインデックス運用でなく、毎年の信託報酬もかからず、購入手数料も安い海外個別株投資を著者は勧めています。アップル、ヒュンダイ、キャタピラーなどの個別株の分析は、目の付け所がさすがプロと興味深かったです。

「インデックス運用に偏りすぎると無関心がはびこって、資産はメルトダウンする。日本に賢い投資家が増えてほしい」という著書の熱い思いが詰まった本に仕上がっています。

マネー大激震 はコメントを受け付けていません

ピーター・リンチの株式投資の法則

レベル3 ★★★★

初版が1993年に出版されているので、もう20年ほど前の本ですが、株のアクティブ投資について解説した不朽の名作です。

本書を読むと、いつの世も投資の世界の悩みは変わらない事が分かります。そして、正しい投資方法も不変です。どんなタイミングでも危機を大げさに伝え、投資しない方が賢明だとしたり顔でいう輩は居るものです。優れた投資家はそうした似非の警告ではなく、本当に深刻な危機とそうでないリスク要因をきちんと区別し、割安タイミングで買い増すことで成功してきた事が良く分かります。言うは易し、行うは難しですが。

書かれてから、時が経っているので、本書での著者の指摘がほぼ正しかったことが検証でき、その点でも興味深く読めます。特に、日本のバブル期のばかばかしい高値を揶揄したコラムは、その後の日本株式市場のひどい低迷を経験した日本人には印象深いでしょう。成長性のないNTT株式がPER3,000で取引されていたなど、あまりにもリテラシーに欠けた、お粗末な日本の個人投資家には悲しさを覚えます。

残念なのは20年経った今、日本の個人投資家が当時より賢明になったと宣言できない事です。また、サブプライム危機の要因となったMBSの黎明期の話も出てきます。ただ、こうした本を読んで、自分もアクティブ投資で成功できるとは軽々に思わないでください。本書の著者、ピーター・リンチは、マゼランファンドを率いた14年間平均リターン約26%と、ベンチマークのS&P500の約13%を大幅に上回る、とてつもない実績を残しました。しかしその14年間、長期休暇は新婚旅行の2週間しかとらず、新婚旅行の間もアジアの優良企業の会社訪問を1日数社行っていたという、猛烈な働きぶりで知られています。

そして、ここまで情熱を持っていたとしても、リンチのような天性の才能と、ピンチに動じない胆力がなければ、成功がおぼつかないのが投資の世界です。個人投資家の皆さんは、自分にどこまでのできるか冷静に判断して、インデックス運用を中心として投資に取り組んでください。

ピーター・リンチの株式投資の法則 はコメントを受け付けていません

マネーマスターズ列伝

レベル3 ★★★★

アクティブ運用に取り組まれる投資家の方は必読の名著です。人類史上最高の投資家ウォーレン・バフェットや伝説的ヘッジファンドマネージャーであるジュリアン・ロバートソンなど、伝説的な投資家17人の運用スタイルを紹介しています。

成長株投資・バリュー株投資・イベントドリブンなど、様々な投資スタイルでの成功譚が細かく描写されているので、どの投資スタイルが自分に向いているのかの判断材料としてください。どんな投資スタイルであっても、道を究めれば富豪になれることが分かります。

投資で大きな成功を収めるには、自分にあった投資スタイルを見つけ、そのスタイルにフォーカスして腕を磨いていくことが最も大切です。それぞれの投資家のエピソードから、どの人物の投資法であれば自分でも真似できそうかという視点で、読んでみてください。

もちろん、ここまでの情熱を資産運用にささげることは難しいと感じた方は、インデックス運用に徹するようにしてください。アクティブ運用で市場平均を上回るリターンをあげることは年々困難になっていますから、インデックス運用に徹することが最適であるという結論に達する個人投資家も多いはずです。

マネーマスターズ列伝 はコメントを受け付けていません

MBA財務会計

レベル3 ★★★

個人投資家の方の中でも、個別銘柄を評価して投資をする、いわゆるアクティブ投資を行う中上級者の方には、会計の知識は非常に有用です。

バフェットが、「カルテを読めない医者が居ないように、財務資料を読めない優れた投資家は居ない」と発言したとされていますが、まさにその通りかと思います。ただ、会計の知識と言ってもあまり細かな個別の項目について詳細を知る必要はなく、財務資料が作成されている背景にある会計の思想を知ることが大切です。

そうした概要さえ押さえておけば、後は様々な企業の財務資料を読み込む中で自然と会計の知識は深まっていきます。本書は、そうした会計の幹となるポイントに絞って、その背景から分かりやすく説明されているので、会計の基本的な点はある程度知っているけど、それが体系的なスキルとして身についていない人にとって最良だと思います。

本書で会計を体系立てて理解できれば、同じシリーズの「MBAバリュエーション」をお読みください。この2冊で、よほど専門的な業務に携わる人以外、つまりほとんどのビジネスマンにとって、ファイナンスに必要な知識をカバーできます。

MBA財務会計 はコメントを受け付けていません

フェイスブック -若き天才の野望

★★★★

現在、世界で最も注目されている企業フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグが、2004年にフェイスブックを起業してからの歩みを、克明に描いたノンフィクションです。映画「ソーシャル・ネットワーク」がザッカーバーグの敵対勢力からの視点を主としていたのに対し、本書は著者がザッカーバーグに密着取材した内容をベースとしているので、両方を見比べるとフェイスブックの発展の歴史やザッカーバーグの人となりが多面的に理解できると思います。

まず、本書を読んで感じるのが、弱冠26歳であるザッカーバーグが、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、そしてグーグルの創業者サージェイ・ブリンとラリー・ペイジの系譜に連なるIT業界の革命児であり、人類全体にインパクトを与える仕事をするである比類なき天才であることです。

インターネットを、実名によるオープンなコミュニティにしたいという、壮大なビジョンの元、数々の巨額買収の誘惑を断ち切り、6億人を超えるコミュニティを作り上げた彼のビジョン、実行力には脱帽するしかありません。

フェイスブックの革命はネットのみならず、世界全体の社会のあり方も変えていっています。フェイスブックにより、個人の活動が克明に記録され、それが世界中の人々にシェアされることで、今まで分断されていた実社会とネットのアイデンティティが統合され、個人が多面的に評価されるようになっているのです。いくら履歴書に美辞麗句を書き連ねても、それを裏付ける人脈や評価がフェイスブック上になければ、簡単に嘘が露呈するという社会です。

マイクロスフトからグーグル、そしてフェイスブックと覇権が次々と移っていくIT業界ではそうしたフェアな競争原理が働いています。そして、そのフェイスブックでさえもツイッターを始め、新興企業の攻勢にさらされ、矢継ぎ早に新機軸を打ち出していく必要に迫られていきます。

未だに、匿名での非建設的な情報発信が中心である日本のネット事情を鑑みた時に、日本人の多くはフェイスブックが作り上げつつある、フェアだけれどもシビアな、個人単位での比較カルチャーに備えができていないのではと、不安にも感じました。

フェイスブック -若き天才の野望 はコメントを受け付けていません

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

★★★

世界で最もプレゼンで人を感動させる男、プレゼンをエンターテイメントの域にまで高めた男と呼ばれる、アップル創業者スティーブ・ジョブズのプレゼンノウハウをまとめた本です。こうした、キャッチーなタイトルの本にありがちな、看板倒れのコンテンツではなく、ポイントが良くまとめられています。

起業してから、セミナーで話すことが飛躍的に増えました。多くの人数の、それも多様な人の前で話す時は、やはり気をつかいます。幸い、多くのセミナーで高い評価を頂いているのですが、その理由としては、話すこと自体を私自身が楽しんでいることが一番ではないかと感じていました。そして、本書を読み、ジョブズもその点を大切にしていることを知り、嬉しく思いました。

テレビ会見などでの、官庁や東京電力のコミュニケーション力の無さが糾弾されています。専門用語に満ち、小声でぼそぼそと、メモを棒読みし、資料も目に見えないほど小さいという、あり得ないほど低レベルな光景を良く目にします。日本人はプレゼンが下手だとよく言われます。それは、日本人の生真面目さが災いしているような気がしてなりません。

本来、コミュニケーションを取ることは楽しいことのはずです。もちろん、事故後の会見などは楽しませることが目的ではないですが、少なくとも情報を得たいと切に願っている人の気持ちを考えれば、プロとしてもう少し違ったアクションが出てくるはずです。今の世の中は、知識はネット検索でいくらでも出てきます。しかし、それを分かりやすく説明し、納得させることは人にしかできない作業です。

これから成長していく知識集約型産業では、優秀なコミュニケーションの担い手がいるかどうかで、成果が100倍以上変わってきます。社会人はもちろん、学生の頃から、ジョブズのような優れたコミュニケーターのスキルに触れることが非常に大切になってきているのではないでしょうか。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン はコメントを受け付けていません

史上最大のボロ儲け

レベル3 ★★★★

このブログに何度か登場したジョン・ポールソンが主人公です。ポールソンは、2008年のサブプライム金融危機を予測し、2008年に1年で約150億ドル(約1.3兆円)のリターンをファンド全体で上げ、自身も約37億ドル(約3,100億円)という天文学的な金額のボーナスを得ました。

このリターンは本書の題名通り「史上最大」なのですが、その内容は決して「ボロ儲け」から想像される、濡れ手に粟の簡単な取引ではなかったことが良く分かります。ポールソンは、サブプライム危機の前は一流のヘッジファンドマネージャーとは見なされていませんでした。

その彼が、どのようにしてグリーンスパン前FRB議長・ポールソン前財務大臣や、ゴールドマンやモルガン、メリルリンチといった一流投資銀行のCEOなどが見抜けなかったバブルに気付き、そこから巨額のリターンを上げることができたのか、その華々しくも強烈な苦労に満ちた取引内容が克明に把握できます。

本書と、「世紀の空売り」を読むと今回の金融危機の構図が良く分かります。サブプライムローンに代表される劣悪なデリバティブ商品の実態に気付いていたのはほんのわずかな人数で、ウォール街やワシントンのエリートのほとんどは実態のないバブルに酔っていた愚か者であったこと。そして、バブルに気付いていてもそこから収益を上げられた人はさらに少なかったこと。さらには、そのリターンを上げた投資家達も、とんでもない苦難の末であったこと。

本書を読むと、空売りで儲けることの大変さが良く分かります。そして、空売りは相場を崩壊させるワルモノではなく、バブルをより深刻な状態にまで陥ることを防ぐ、相場に多様性をもたらすものであることも。

史上最大のボロ儲け はコメントを受け付けていません

地獄を見た11人の天才投資家達

レベル2 ★★★

世の中には、投資家達の成功物語が溢れています。しかし、失敗談、それも著名な投資家のものとなるとほとんど知られていません。

金融界の人は、そして著名な投資家ならなおさら、負けず嫌いで自分の弱みを見せることを嫌います。金融業界で働いていても、誰が手ひどい失敗をしたかは知ることはあっても、どのようなミスで失敗に至ったかはほとんど知る機会はありません。

本書には11人の著名投資家による手ひどい失敗談が掲載されています。そして、各エピソードの後には個人投資家向けの教訓までまとめられています。失敗の理由は、友人を信頼しすぎた、対象業界について分かっているつもりだった、投資スタイルが変わっても成功できると思った等の、誰しも陥りがちな罠で、著名投資家であっても人の子であると良く分かります。

10~30年と長きに渡って成功した人間でも、こうした失敗から無縁ではないということは、私達も含め、いかに投資には慎重に向き合わなければいけないのか、身にしみて良く分かります。後講釈で色々とあげつらうことは簡単ですが、そうしたことをしてもこれからの投資には役立たず、まずは謙虚にならなければというのが正しい反応だと思います。

もう少し、それぞれの投資家達の歩みと、人となりを含めて失敗を引き起こす行動に至った過程に、迫って欲しいところもありますが、このような失敗談の情報が公開されること自体が貴重であり、是非、個人投資家の方に読んでもらいたい好著です。

地獄を見た11人の天才投資家達 はコメントを受け付けていません

イシューからはじめよ

★★★

元外資系コンサルタントで脳神経学者でもあり、現在ヤフー株式会社COO室室長というユニークな経歴の筆者が書いた本で、会社でプレゼンをする機会がある人におすすめです。

ロジカルシンキングに関する本は他にも出ていると思いますが、フレームワークの紹介で終わらず、「どのように取り組んだらいいのか」といった考え方を、体系的に説明しているところが素晴らしく、とても興味深く読みました。

外資系の企業では特にそうですが、働いた時間ではなく、どれだけ質の高いアウトプットを出したかが評価されます。筆者は、大量の分析をし、がむしゃらに働くことに警告をしており、「解の質」、「イシュー度」をまず考えてから問題に取り組むことを勧めています。これにより、高いバリューを出すことができます。

コンサルタントといった仕事だけでなく、セミナー講師をしている私たちにも沢山の実務に役立つヒントを頂きました。すぐに身に付く技術ではないかもしれませんが、毎日意識することで、自分の知的生産の質を飛躍的に向上させてくれると思います。

イシューからはじめよ はコメントを受け付けていません

マネーの進化史

レベル1 ★★★

本書は、人類がどのようにお金と向き合ってきたのかを、数百年に渡る歴史をさかのぼりながら解き明かしていきます。

この本を読むと、「歴史は繰り返す」ことが良く分かります。18世紀に起きた、欧州からのアメリカや当時の新興国への投資バブルとその崩壊。19世紀のロスチャイルド家のワーテルローの戦いにおける大損と巻き返し。

本書で紹介されているエピソードは全て、2008年の金融危機や2002~07年のバブル、そしてバブル崩壊においても巨額のリターンを上げたヘッジファンドマネージャー達を彷彿とさせるものです。つまり、人間そのものはほとんど変わらないということが良く分かります。

ただ、本書を読むとそうした無常観だけではなく、失敗を繰り返しながらも、金融システムは徐々に発展を遂げてきたことも良く分かります。「愚者は自らの経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉通り、過去の金融史を丹念に学べば、今の金融システムの前提が理解でき、金融システムを悪用して被害を拡大するような愚かな行動を、ある程度は回避できるということです。

実際に、金融史が専門の著者は、バブルが最盛期の2007年に金融危機が起きる可能性を指摘していました。

ただ、残念ながら人間が作るものは完全になることは永遠にありません。これからも、いくら歴史に学ぼうとも、誰も想像もしない危機が必ず訪れます。その時に、金融というものは、バブルと崩壊を繰り返しているだけだと諦めるのではなく、何がいけなかったのかを反省し、少しでも改善していくという姿勢が、結果的に将来の発展につながる。そうした苦難に満ちた、でも人類の発展に必須である、金融の発展の経緯が、本書で良く理解できました。

マネーの進化史 はコメントを受け付けていません

ライアーズ・ポーカー

レベル3 ★★★

1980年代後半のウォール街を描いた、「ライアーズ・ポーカー」を久しぶりに再読しました。本書は1989年の発行で、当時世界最強の投資銀行「ソロモン・ブラザーズ」に勤めていた著者が、退職後に当時のウォール街の実態と、ソロモンの腐敗ぶりを赤裸々に描いて、世界的なベストセラーになりました。

久しぶりに読んでも、非常に楽しめました。この色あせない面白さは、本書を処女作としてその後「マネー・ボール」や「世紀の空売り」など続々とヒット作を生み出し、ノンフィクション作家として不動の地位を築いたマイケル・ルイスの力量によるところが大きいでしょう。

1980年代後半は、投資銀行やバイアウトファンドが世の中を席巻し始め、その多額の報酬体系や事業会社に対して容赦ないリストラを迫る姿勢が、既存のアメリカの価値観と衝突を起こし、金融業界が物議を醸しだしていた時代でした。

20年経って、金融業界の存在ははるかに大きくなりました。しかしながら、その精神性は成熟することなく、お金を稼ぐ力量さえあればどんな振る舞いをしても許されるという空気はそのままに残されています。

そして、何より全ての金額のケタが、当時から2つ位跳ね上がっています。20年前は数十億円の報酬を受け取り、何人かのトレーダーが数百億円の損失を出したことで、世間を騒がせましたが、現在はこの単位がどちらも100倍近くになっています。

2008年の金融危機を経ても、価値観は何も変わらず、規模だけが新興国経済をも巻き込んで、ますます大きくなっていく金融業界の行く末を考えさせられました。

ライアーズ・ポーカー はコメントを受け付けていません

ヤバい経済学

★★★

経済学は、理系の人間から見ると本質的な危うさを感じる学問です。それは、一見数式を使った科学的なアプローチに見えて、本物の科学とは決定的に手法が異なるからです。

物理や化学など、誰もが認める自然科学は、対象を客観的に観察できる実験環境を整え、そのデータを適切に説明する数式や理論体系を作り上げるという順序です。対して、経済学は、実験が非常に困難であることもあり、先に理論体系ありきで、その体系にあった事例を探すという順序です。

大したことには感じられないかもしれませんが、これは大きな違いです。経済学では、学者が頭の中で考えたことが、本当に世の中で成り立っているかの検証プロセスがなされないまま、理論ばっかり複雑化していくことになりかねません。バブルを繰り返す金融工学も同じ問題を抱えています。

本書は、題名から取り上げているテーマまで、全く真っ当な学問には見えませんが、そのアプローチは自然科学と同じ、データに立脚した、客観的なアプローチです。

大相撲で八百長が行われている明らかな統計的データとそのメカニズム、アメリカで犯罪率が低下することに貢献した意外な政策に、子育てに親が与える影響の少なさ、どれもこれも頭の固い人から見たら、読むなり、怒りでわなわな震えるような内容ばかりです。

でも、それこそが科学なのです。科学は、実験により古代からの人間の直感による思い込みを次々と覆してきました。今では当たり前に受け入れられている価値観も、少し前の社会にとっては全く受け入れることのできないものを、科学が証明した事により広まりました。

著者は、経済学者とジャーナリストのコンビですが、経済学者はノーベル経済学賞の登竜門とされている賞も受けた著名な学者です。そうした学者がこんな本を書く、米国の経済学界は奥が深いですね。続編の「超ヤバい経済学」も、本書と同じくらいの面白さです。「ヤバい」にはまった人は、「超ヤバい」も合わせてどうぞお読みください。

ヤバい経済学 はコメントを受け付けていません