金融の世界史

レベル3 ★★★

大ぶりなタイトルが付けられていますが、内容もそれに恥じない骨太な内容です。古代メソポタミア文明から現代の金融工学まで、対象となる時代が長い分駆け足とはなっていますが、人類がどのように金融において発展を遂げてきたのか、歴史上のトピックを追いながら分かりやすくまとめられています。

特に、本書の白眉は、その長期間にわたる定量データでしょう。日露戦争時の日露両国の債券利回りの推移から戦況を各国の投資家がどのようにとらえていたかという記述や、世界大戦中の日米の株価の推移、日本円と米ドルの明治時代からの為替レートの推移などは、本書で初めて目にしました。定量的なデータから、遠く時代が離れた当時の状況がよくイメージでき、現代の金融市場における値動きの相似性に驚きました。

また、欧州の中世からの覇権争いなど、これまで歴史的な事実としては知っていた事象が、金融という観点から解説されることで、より体系的な理解を得られるということも新鮮でした。これまでの書評でも度々書いてきたとおり、日本ではなかなか優れた金融ノンフィクションはないと感じてきましたが、そうした観念を見事に覆される力作です。

資産運用をしているとどうしても近視眼的になりがちですが、ぜひ本書を読んで投資における大局観を培っていただければと思います。

金融の世界史 はコメントを受け付けていません

ライバル国から読む世界史

★★★

最近出た書籍ですが、全世界の隣接した国同士に戦いについて古代から現在まで一気通貫にまとめられています。最近、出版された本だけあってISを生み出した背景など最新のニュースとリンクする記述も多くあります。また、中東だけでなく、テロや紛争など世界中の様々な地政学リスクに関するニュースが日本にも毎日のように入ってきますが、その背景にある対立について幅広く理解できます。

世界史の授業でもアジアや欧米については学びますが、本書では学校教育であまり取り上げられない、中央アジアや中東、アフリカなど今まさに治安リスクが顕在化されている地域における対立の歴史についてもよくまとまっています。

シンガポールに居ると身近に感じる、オセアニアやミクロネシア・ポリネシアなどの太平洋に点在する島嶼についての歴史は本書で初めて知ることばかりでした。現状起きているニュースだけを追いかけていても構造を理解できず、対立の背景にある歴史的な経緯についても知っておかなければなりません。

もちろん、新書なので歴史的な出来事をなぞっているだけですが、それでもこれを手掛かりにより関心がある地域について掘り下げていくきっかけには十分になる内容です。長期的な海外投資のリスクを自分なりに把握する上でも、基本的な歴史の流れについて本書でグローバルに理解しておくことは有用でしょう。

ライバル国から読む世界史 はコメントを受け付けていません

市場リスク 暴落は必然か

レベル3 ★★★

モルガン・スタンレーやソロモンなどの投資銀行、ムーア・キャピタルなどのヘッジファンドといった数々の一流金融機関で、リスク管理の責任者をつとめてきた著者により、金融市場のリスクの実態が詳細に解説されています。

著者の強みは、様々な金融業界の最前線で、ブラック・マンデーやLTCM危機、ITバブル崩壊など歴史的な暴落相場を経験していることです。これまでも、上記の金融危機についてはあまたの解説書が出されましたが、本書は下落相場の要因からその後の金融業界への影響に至るまで、主要プレーヤーの人物像や会議の様子を通じて網羅的に解説されており、類書の中では際立っています。

金融危機だけではなく、過去30年近くにわたってどのような投資戦略が開発され、どのように成功をおさめたのかについての記述も充実しています。何より、英語の原書がリーマンショック前に出版されており、レバレッジの大きさと高速取引の普及、グローバルの金融市場が緊密さをましていることから、市場の暴落リスクはますます高まっているという指摘は白眉とするほかありません。

章立てが時系列ではなく、アカデミックな内容と実務的な内容が混在していることから、読みづらい部分が多いことは残念ですが、こうした欠点を差し引いても、また次の過熱相場が訪れている現在、本書を目を通しておくことは示唆が多いことは間違いありません。

市場リスク 暴落は必然か はコメントを受け付けていません

0ベース思考

レベル3 ★★★

「ヤバい経済学」と「超ヤバい経済学」が世界中でベストセラーになったコンビの第3作目です。前2作を読み、経済学があまり研究対象としない生活に根差した身近なテーマに計量的な経済の分析を持ち込んで、直観に反する結論をあざやかに導き出していることに魅了されましたが、本作も前2作にたがわぬ出来ばえです。

ホットドッグの早食い競争や、ナイジェリアの資産家をうたった詐欺事件まで、前2作以上に幅広い事例を用いながら、人間が持つバイアスがいかに事実をゆがめ、誤った結論に至りがちであるのかを繰り返し説明しています。投資という作業は、人間の直観というバイアスをいかに抑えて、合理的に行動するかのゲームですから、資産運用にも本書は役立つでしょう。

前2作で事実を暴露したことで批判を浴びた、テロリストの見つけ方のアルゴリズムについても、本で暴露した内容がテロリストへのトラップとなっていて、彼らの行動をコントロールしさらなる摘発につなげたといった痛快なエピソードも本作にはちりばめられています。ここまでの3作で、著者たちが訴えたいバイアスの危険性と、フラットな心構えでデータにあたり結論を導き出すという思考法については十分把握できたので、次回作はこの思考法を現実社会にどのように応用して成果が出たかについてのエピソードをもっと知りたいと感じました。

本書の内容とは関係ないことですが、1点気になったのは本書のカバーに「どんな難問でもシンプルに解決できる」というフレーズがあることです。これは本書にあるバイアスを避ける思考法を指していると思うのですが、安直に1つの方法を色々な事象に適応することは、著者たちが最も避けるべきと指摘しています。本書はあくまで心構えを説いていて、具体的な問題に対処するには各自創意工夫をしなければなりません。

巷によくある浅薄な自己啓発本と見まがい、かつ書籍の内容と反するようなコピーは避けてほしいところです。

0ベース思考 はコメントを受け付けていません

波の音が消えるまで

レベル3 ★★★

シンガポールで師事している著名相場師の方に紹介してもらった小説です。ルポルタージュで名を馳せる沢木耕太郎氏による作品で、バカラ賭博にはまった人物が主人公です。

バカラはこれまでカジノでもやったことがありませんが、その勝負の雰囲気が良く伝わってきます。上記の相場師がこの小説を評価していたのは、相場で勝つことも基本的に不可能で、その不可能なことを目指すという行為の厳しさと儚さを、バカラ賭博という相場と似た行為を通じてよく表現しているからという理由でしたが、私も同じ感想を持ちました。

巻末に名前は明かされていませんが、この小説のために取材した人物への感謝が書かれています。おそらく、バカラ賭博の表も裏も知り尽くした人物に取材したのでしょう。沢木耕太郎氏の「鼠たちの祭」という作品もこのブログで紹介しましたが、スポーツや旅を中心としたルポルタージュで培った物事の神髄を見抜く眼力が存分に活かされています。

弊社のセミナーではインデックス投資をオススメしていますが、アクティブ投資に取り組みたい方はこの作品を通じて、相場で勝つことの厳しさ、そしてむなしさを感じてから始めてください。

波の音が消えるまで はコメントを受け付けていません

失われた国家の富

レベル4 ★★★

今世界で最も注目されている経済学者トマ・ピケティの弟子によるタックスヘイブンの解説書です。データが入手しづらいため、なかなか経済学者の分析の対象とならないタックスヘイブンですが、本書では世界中の資本と負債/資産の合計額の差を取るという巧妙な手法で、タックスヘイブンに蓄えられている富の額を推定し、タックスヘイブンにより失われている税収を推定しています。

格差を問題視するピケティの弟子で、フランス人の経済学者であるため、スイスやシンガポールを中心として、低税率国に対しては容赦ない批判を浴びせています。一方、フランスをはじめとした高税率国で政府が肥大化し、運営効率が悪くなる問題については全く指摘されていないことは、バランス悪く感じました。

もちろん、世界で最も富む企業や個人が、一般の起業や大衆よりはるかに低い税率しか適用されていないことは到底公平とはいえません。しかし、タックスヘイブンは既に世界の企業経営や金融市場と密接に組み込まれており、一方的に活動を制限すると実体経済に多大な影響が出てしまいます。

本書で提案されているタックスヘイブンの対抗策も、全世界での金融資産の所有者を全て名簿化することやタックスヘイブンへの送金や貿易に多額の税金を課すなど、実体経済への悪影響や手間の問題を考えると実現性があるとは思えないモノばかりです。本分の分量も100ページ強と少なく、あくまでタックスヘイブンに関する議論の入り口だけを提示したという印象を受けました。

失われた国家の富 はコメントを受け付けていません

リスク・テイカーズ

レベル3 ★★★

著名投資家の列伝ですが、日本語ではあまり取り上げられることのない投資家をカバーしているところが本書の興味深いところです。本書には8名の投資家が登場しますが、巻末をかざっているウォーレン・バフェットを除く7人は、ヘッジファンド業界に特に詳しくない人にとっては聞いたことがない人物が多いでしょう。

世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオや昨年もっとも高い報酬を稼いだヘッジファンド・マネージャーであるデービッド・テッパーや、ソニーの大株主となったことが日本でも報じられたダニエル・ローブなど取引手法が異なるヘッジファンド・マネージャーたちが取り上げられています8名について、それぞれの章に分けて投資家としての履歴や投資手法を紹介されているので、深堀はされていませんが現在の米国のヘッジファンド業界で名があがっている人物ばかりなので、業界のイメージを大まかにつかむにはいいでしょう。

本書に取り上げているのも全員米国人であることからも、ヘッジファンド業界が米国勢に支配されていることが分かります。いつか、こうした書籍に取り上げられる日本人のトップ・ヘッジファンド・マネージャーは出てくるのかと読後に感じました。

リスク・テイカーズ はコメントを受け付けていません

40兆円の男たち

レベル3 ★★★★

投資家たちのノンフィクションを書かせれば、米国が圧倒的に世界一ですが、また素晴らしい著作が発表されました。原題は“The Alpha Masters”で、リスクを高めたことによるリターンであるベータではなく、リスクを増やさずに得られた超過リターン、アルファを生み出す天才投資家たちについての書籍です。投資家としてのキャリアパスから現在の投資戦略まで詳しく書かれています。

本書の秀逸なところは、紹介されている投資家たちがまさに今最も優れた実績を出している、油が乗り切っているヘッジファンド・マネージャーたちであることです。バフェットやソロスについてはこれまで多くの著作が発表されてきましたが、本書で紹介されている世界最大のヘッジファンド「ブリッジ・ウォーター」を率いるレイモンド・ダリオや、昨年のファンドマネージャー報酬ランキングで1位となったデービッド・テッパーなど、これまでほとんど書籍で紹介されてこなかった人物たちについて、投資家としてのキャラクターがイメージできるところまで深く踏み込んでいます。

ビル・アックマンやジム・チェイノスなど、空売りにおいても優れた手腕を示す投資家たちもきっちりと含まれていることは玄人好みでしょう。本書の著者は、自身もウォール街で働いた経験がある、金融メディアCNBCの人気番組のプロデューサーです。

本書で紹介されているデービッド・テッパーや、デービッド・アインホーンなど敏腕ヘッジファンド・マネージャーを番組に出演させた手腕で、投資戦略について語ることの少ない、現役ヘッジファンド・マネージャーから、アイディアの創出/検証方法や資産運用における心構えまで、大変参考になるコメントを数多く引き出しています。

本書は英語で3年前に出版されています。リアルタイムで書籍が読め、さらに連動する形のテレビ番組まで視聴できる米国人は恵まれていると言わざるをえません。1点残念なのは、原書の出版から3年近くたち多くの時間があったにも拘わらず、日本語訳に数値や単位の誤りがかなり見られることです。やはり、英語でこうした書籍を出版からすぐに読み込まなければならないと強く感じました。

40兆円の男たち はコメントを受け付けていません

セックスと恋愛の経済学

★★

センセーショナルなタイトルですが、カナダの名門ブリティッシュ・コロンビア大学で経済学を教える人気女性教授の著作です。最近、通常は経済学が研究対象としない分野における経済分析の書籍が増えてきていますが、本書もその一環といえます。

セックスや恋愛に関する様々な事象が、経済的なインセンティブに基づいたどのような意思決定から行われているかについて明らかにされています。女子学生が多い大学ほどセックスの体験年齢が低くなるといった直観に反する事実も色々と紹介され、それについての経済的な解説が加えられています。

ただ、事例が米国を中心としているため、日本とは大きく前提条件が異なるため、あまり参考にならないと感じるケースも多く、著者自身が行った研究についての事例も少ないため、やや物足りなく感じました。

本書と同様に普段は経済学が対象としない著作であれば、「ヤバい経済学」の方が数段インサイトに満ちた好著だと思います。本書では、主に一般の男女間の恋愛についてのケースでしたが、本書の著者は次回作として金銭的なやり取りが発生する恋愛、つまり風俗産業についての著作を準備しているようです。経済学的には、非常に大きな産業であるので、次回作を期待して待ちたいと思います。

セックスと恋愛の経済学 はコメントを受け付けていません

バフェット合衆国

レベル3 ★★

バークシャー・ハサウェイを経営するようになってちょうど50年が経ったため、再び脚光があたっている人類史上最高の投資家ウォーレン・バフェットですが、これまで日本語でも彼についての多くの書籍が出版されています。

しかし、本書はバフェット本人ではなく、バフェットが投資をしている企業の経営者という、バフェットを支える人物たちに焦点を当てているがユニークです。バフェットは最も気に入った企業は100%株式を保有して、自身が経営するバークシャー・ハサウェイの傘下におさめます。

傾いた繊維会社だったバークシャー・ハサウェイですが、バフェットが経営するようになってから50年で、世界でも有数の巨大コングロマリットにまで成長しています。本書では、バークシャー・ハサウェイ傘下の経営者それぞれの生い立ちから、経営者として成長する軌跡、そしてバフェットの出会いと現在までの協業についてまとめられています。

バフェットのファンであった香港の投資家である著者が、米国に何度も足を運びながらまとめられた内容からも、バフェットの投資家としての価値観がよく伝わってきます。企業経営で長期に成長するには、飛び道具は必要なく当たり前のことをいかに徹底できるのか、「凡事徹底」が最も重要であることがよく分かります。

ただ、各人のインタビュー内容が定型的であるため、その人となりにまでは踏み込めておらず、さらにバフェットとの個人的エピソードもあまりなかった点については残念に感じました。

バフェット合衆国 はコメントを受け付けていません

人と企業はどこで間違えるのか

レベル3 ★★★

ビル・ゲイツが2014年夏に、これまで読んだ中で最高のビジネス書として本書を紹介したことで一躍有名になり、邦訳も出されました。本書は1959年~69年に書かれた10編のコラムをまとめたもので、ビル・ゲイツ自身も友人であるウォーレン・バフェットから紹介され20年前に読んだようです。

本書を読んで最も強く感じたのは、ビジネスにしても、運用にしても人がやることで、時代が変わっても現象は同じということです。10編のコラムそれぞれテーマが異なり、新製品投入やインサイダー取引、株価暴落など色々なトピックが取り上げられていますが、どれも50年前とは思えないほど、現代にも共通する内容です。当然、そこからの学びも多くあります。

本書をビル・ゲイツやウォーレン・バフェットが愛読している理由も、時代背景や価値観と関係なく、ビジネスや投資で大切であるのは人間の本質への深い洞察を持つことだと考えているからではないでしょうか。現代は、本書のコラムが書かれた時代よりも、比較にならない大量の情報が、リアルタイムに出されています。しかし、それをただ追いかけるだけでは決して将来を予測することにはつながらず、ただ徒労するだけに終わるでしょう。

本書を読むことで、人間の本質、そしてビジネスや投資で成功/失敗する理由も変わらないことを理解して、情報を集めるだけではなく、常にそこから導き出される事実は何なのかを考える習慣の大切さをあらためて意識しました。

人と企業はどこで間違えるのか はコメントを受け付けていません

アリババの経営哲学

★★★

ソフトバンクが投資をして巨額のリターンを上げたと、日本でも話題になったアリババですが、創業者のジャック・マーについてはあまり知られていません。本書は、本人の談話を他者が編纂する形をとった書籍で、ジャック・マーのこれまでの歩みについて、アリババ創業前までさかのぼって書かれています。

ジャック・マーが、どのような状況においてどのような発言をしたのか克明に書かれているので、彼の人となりや経営スタイルについてイメージしやすく、アリババの成長に感情移入しながら読み進められます。今やアリババは、フェイスブックやアマゾンを上回り、IT業界ではグーグル、マイクロソフトに次ぐ世界3位の時価総額となっています。

しかし、創業時はジャック・マーがITについて専門的な知識がなかったことや、創業メンバーも有名人がおらず、ましてや多数の偽物が横行する中国において、世界的なeコマースの会社が出てくるはずがないと相手にもされていませんでした。

海外展開を積極的に進めるために、ドイツに講演に行った時も1,500人の会場にわずか3人しか集まらずみじめな思いをしたことなど、起業している身としては身につまされるとともに、今のアリババの成功ぶりから励まされるエピソードが色々と出てきます。

ハーバード大学で講演したときのエピソードも秀逸で、ジャック・マーが10回はアプライしたのに相手にもされなかったけれども、今はこうしてハーバードの学生の前で講演しているということで、学生たちから拍手喝さいを浴びました。

本書を読むと、ジャック・マーが飾らない気さくな人物であることが分かります。ジャック・マーはCEOからは降りていますが、NY市場への上場など重要なタイミングでは登場し、依然影響力を保持しています。最近では、銀行や運用事業に進出するなどアリババの事業展開も拡大の一途をたどっています。

気さくなジャック・マーの歩みが世界経済にどのようなインパクトを与えるのか楽しみになる好著です。

アリババの経営哲学 はコメントを受け付けていません