グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

★★★★

ロックバンドをテーマにマーケティングを語るという本書は、内容も型破りですが装丁もフォントも風変りです。食わず嫌いで手に取らない人も多いかもしれませんが、非常に優れた内容で、3時間ほどで一気に読んでしまいました。

そもそも、私はグレイトフル・デッドについて、名前は聞いたことがある位で曲も聞いたことがありません。また、これまでマーケティングをメインテーマとしたビジネス書も読んだこともありませんでした。そんな本書と縁遠い私が、この本を読んだきっかけはフェイスブック上の友人たちが何人も絶賛していたからです。

日本きってのクリエイターである糸井重里さんが、英語の原書を読んで惚れ込んで出版を提案したようですが、さすが素晴らしい目利きで、創造力を刺激するエピソードがちりばめられています。グレイトフル・デッドはレコードの売上を重視する普通のバンドとは異なって、ライブに来て時間を共にすることを最も重視しています。商業的に利用しないのであれば、ライブを録音することも認めています。

フリーコンテンツをうまく使って認知度を一気にあげて、ロイヤリティが高い顧客を有料コンテンツへと誘導して、収益性を高めていくことは現在では珍しくありませんが、そのことを何十年も前から実践していたとして、グレイトフル・デッドのスタイルをお手本に、様々な最新のビジネス戦略の要諦がテンポよく解説されていきます。

本書の著者2人も、グレイトフル・デッドをこよなく愛するデッドヘッズの一員ですが、バンドへの愛もひしひしと伝わってきます。SNSでの口コミという、グレイトフル・デッドが実践していたオープンなマーケティングスタイルの最新形態がきっかけとなって、私が読むことになったこと自体も、グレイトフル・デッドスタイルがメジャーになってきた証拠です。

マーケティングだけではなく、ビジネスの様々な意思決定のヒントになる材料がたくさんありますから、起業家にはぜひ読んでほしいと思いました。ビジネス教育を全く受けたことがないバンドマンが、アーティストならではの感性で時代を大きく先取りしていたことが痛快です。

S&S investmentsのSNS フォローお願いします
HP:  https://ssinvestments.co.jp
FB :   https://www.facebook.com/ssinvest25
Twitter :   https://twitter.com/ssinvest25
note:   https://note.com/ssinvest
投資Blog :   https://ssinvest.jp/