人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

★★★

著者は人工知能の若き権威である東大准教授の松尾豊さんですが、大学の部活の先輩で、先日そのご縁でインタビューをさせて頂いた時に、ご本人からプレゼントをして頂いて読みました。

本書にもありますが、人工知能は現在3回目のブームを迎えています。2000年代以降の急速なネットとIT機器の普及によるビッグデータが利用可能になったことがその要因ですが、これまでも人工知能は20年ごとにブームを迎えてきました。

まず1960年代に大型コンピュータの普及により人工知能への期待がふくらみ、その後1980年代にはプロセッサーとメモリの機能の進化により人工知能はブームとなりました。ただ、最初のブームは推論と探索では現実社会の複雑な問題は解けないことから、2回目は人間が常識的に身に着ける知識を記述することの難しさからブームはしぼみ、その後10年以上に渡る冬の時代を迎えました。

松尾さんは第2次ブーム後の冬の時代に人工知能の研究をスタートさせたので、今でこそ人工知能は多大な関心を集めていますが、ブームの本質的な意味について客観的な立場から淡々と評価しています。

直近では、人工知能が発達しすぎると人間の存在をも脅かしかねないといった議論もよく目にしますが、そうした迷走気味の人工知能に対する論評についても、杞憂であるものが多く、心配する必要はあまりないことも明快に説明されています。

本書の白眉は、人工知能の分野で現在最も期待を集めているディープラーニングという手法についての解説です。画像認識などこれまで人工知能が苦手にしていた機能を飛躍的に発展させ、様々な応用が期待されていますが、その実態が素人にも理解できる書籍は他にほとんどないでしょう。

金融分野にも今後多大な影響を与えると考えられる人工知能について、本書をもとに概要を理解しておくことは、資産運用にも有用です。

S&S investmentsのSNS フォローお願いします
HP:  https://ssinvestments.co.jp
FB :   https://www.facebook.com/ssinvest25
Twitter :   https://twitter.com/ssinvest25
note:   https://note.com/ssinvest
投資Blog :   https://ssinvest.jp/